ペット保険の補償

ペット保険を提供している保険会社はたくさんあって、提供する補償内容も異なってきますので、自分がどのような補償内容だったら満足するかを加入する前から考えるようにしてください。

保険には「定率補償」と「実額補償」の2つの補償タイプがあります。
定率補償と実額補償では保障内容が異なってきますし、毎月の掛け金も異なってきますので、加入する際は、飼い主の負担にならないようにペット保険を選ぶことが重要です。

ペット保険の定率補償は治療費の一定の額の保険金を受け取ることができる補償です。
どの保険会社も治療費の半分の50%から多くて70%の補償をしてくれる内容が一般的です。
一定率の補償が低くなれば掛け金が安くなりますが、自己負担の割合が高くなります。

手厚い補償だと掛け金が高くなりますが、自己負担の割合が少なくなります。
実額補償は全ての治療費を補償してくれる特徴があります。

しかしここで勘違いしないようにしなければいけないポイントは、全額補償と言えども「限度額」が決まっているということを理解しておきましょう。

実額補償は定率補償よりも多くの保険金を受け取ることができますが、毎月支払う保険料の掛け金が高くなってしまいますので、どちらの保険が自分にとって無理なく利用できるかを考えてみましょう。